倉敷珈琲館 襟立さんの唯一の弟子のお店

倉敷珈琲館〜観光地のコーヒー屋さん〜

岡山県倉敷の美観地区という思いっきり観光地にあるコーヒー屋、倉敷珈琲館。このお店の雰囲気このエリアにあってますけどね。美観地区いいけど、その裏の通りとかの方が好きかな。雰囲気ある。

襟立さんは、標さんの師として有名な方ですけど、標さんは実際に襟立さんにコーヒーの焙煎などを教わったわけではなく、精神的な部分での師と言えます。本当に襟立さんの弟子だったのは、ここ倉敷珈琲館の店主、畠山芳子さんだけです。全人格をもって指導してくれた正師なんだとか。

現在は畠山さんが焙煎をしているわけではないようで(詳しく知りませんが)、蘭館コーヒー同様、雰囲気だけでもということで来店。

レンガ積みの壁はいい感じですね。まさにレトロ。場所柄、あまりコーヒーにこだわった人は来ない気はしますが、一休みするのにもいい場所でしょう。

昔っぽい銘柄たち。ブレンドは、フランチミックスとソフトミックス。ブレンドという言葉ではなくミックスと言っています。ブレンドは、ただ混ぜるだけのミックスじゃない、なんて話は聞きますが、ここではあえてのミックス表記。

なぜかしきりに琥珀の女王を勧めてくる。というか働いている人はただのアルバイトっていう印象です。もちろんコーヒーが好きだったり、ある程度の技術は持っているのでしょうが、やっぱり常にマスターがいるお店とは違う印象を受けます。

豆売りもやっていますが、なんか高い。200グラムということもありますが、マンデリンなど1600円、マタリ2500円とかなかなか手が出しにくい金額。

倉敷珈琲館の珈琲の味

コーヒーはネルドリップ。大きなポットにネルをセットして抽出してました。いただいたモカマタリは、香りこそモカらしいが味はいまいちよくわからない。かなり深いローストですね。個性を感じにくい。意外にもこんな場所ですが、濃いコーヒーです。


特筆すべきは味よりトロミ。ここまでトロッとするものかと。少しいきすぎなくらい。丸みも帯びた質感は独特で不思議な味わい。でも少し味が足りないなぁ。もう少し甘みとかほしい。付いてきたミルクには膜が張っていた。朝一で行ったのに…。昨日のままなのね。


コーヒー豆を買うためにお勧めを聞くと、ミックスを勧められる。オリジナルなんでという理由…。2回言ってた、なんだそれ。


味は悪くないけど、プロっぽくないマニュアル化されたチェーン店的な印象を受ける。でも買ってきたフレンチミックス美味しかったな。思ったよりずっと…。焙煎の技術は継承されているんでしょう。

倉敷珈琲館の店舗情報

住所:岡山県倉敷市本町4-1

電話番号:086-424-5516

営業時間:10:00 〜17:00

定休日:なし

珈琲豆のネット通販

倉敷珈琲館の珈琲豆を購入する