ワインぽいコーヒー

コーヒー ワイン

コーヒーを飲んだ時に、そのコーヒー豆に書かれているフレーバープロファイル通りの味だと、さすがだなぁと感心します。結構違う場合も多く、まぁ抽出法云々で結構変わるので一概に間違えているとは思っていませんが、あまりにズレている場合は、そんなフレーバーはないのでは?と思うこともありますね。

コーヒーのフレーバーの表現としてワイニーというのは良く聞きますが、先日、シャンパーニュと表現されているコーヒーがあることを知りました。そのコーヒーは飲んでいませんが、確かにスパークリングワインぽい感じがするようです。

ワイニーと表現されるコーヒーは、具体的に何のワイン?と言われても説明できませんが、確かにワインぽいというのはわかります。言ってしまえば果実を発酵させたニュアンスでしょうか?

そしてワイニーくらいであれば、まぁそうかなぁくらいで終わりです。

ですが、シャンパーニュという特定の産地が書かれているなら話は違います。それはワイン産地のかなり深い理解度が必要なコメントだと思います。

ちなみに僕はコーヒーを飲んでシャンパーニュにしろスパークリングワインにしろ、そのニュアンスを感じたことはありません。

そもそもスパークリングワインとシャンパーニュはかなり違います。なぜシャンパーニュなのか?イメージがスパークリングワインよりシャンパーニュの方が良いから使っているなら論外で、シャンパーニュらしさが本当にあるなら素晴らしい。

泡のないコーヒーを飲んで泡のあるワインを感じるというのは不思議ですが、とても興味があります。何がそう思わせるのか?

まずはシャンパーニュを考えます。シャンパーニュらしいとは何か?様々な意見があると思います。どこを切り取るかでも変わってきます。

例えば酸の強さとか清涼感みたいな部分を感じるからシャンパーニュと表現しているなら、少しズレていると思います。

シャンパーニュが酸が強いのは確かですが、酸が強い白ワインもたくさんありますし、敢えて白ワインではなくシャンパーニュを使う理由はありません。

清涼感とかは割と真逆ですね。シャンパーニュの多くはボリューム感があります。加えて迫力があり、酸は強いだけではなく、キツく食い込むような酸であり、そして熟成感がシャンパーニュにはあります。白ぶどうと黒ぶどう両方の味わいがして複雑で緻密です(様々なシャンパーニュがありますが、全体として考えると大手メゾンのノンヴィンテージがイメージされるかなと思います)

一言で言うなら僕なら白亜紀の石灰岩の味と言うかもしれません(プラス長い熟成が義務付けられているので熟成感)

普通のスパークリングワインは、泡がなくなったら白ワインって感じですが(泡が抜けるとあまり美味しくないものが多いですが)、シャンパーニュは泡がなくなってもシャンパーニュだなって感じがします。

なのでコーヒーを飲んでスパークリングワインって思うものは少なく、シャンパーニュならあるいはありえる気がしないでもありません。点数が高めのスペシャルティコーヒーを熟成させたオールドビーンズを何種類かブレンドして、さらに焙煎度も様々なものをブレンドして、とかだったら(浅煎り多め。でも深煎りも加える)、シャンパーニュぽいかもしれません(抽出はどうしよう?)

ですが白亜紀の石灰岩のような酸の出方はコーヒーでは無理かもしれないとも思います(そういう土壌に植わっているコーヒー豆とかある?)

何にしても飲んでいないので飲んだら、確かにシャンパーニュって思うかもしれません。いやスパークリングワインならありだけど、シャンパーニュじゃないよ、と思うかもしれません。

シャンパーニュという地域名称が使われるようになったと言うことは、ボルドーやブルゴーニュ、ナパとかも表現としてありえると言うことですよね。それはそれで興味深い。

こう言った話はワインだけに限った話ではなく、表現として紅茶とか中国茶ならまぁ良いけど、ダージリンとか、白茶とかになってくると意図が知りたくなります。もっと細かく龍井茶とかそう言う表現も、深く理解しているなら確かに使えます。

ただ個人的には無理です。普通にワインを飲んだりお茶を飲んだりしていても、その土地らしさが見えなかったり、説明されてやっとわかったりする訳で(様々な要素が絡むので違う部分を捉えて誤認することもある)、全く別の飲み物でそれを表現するのはレベルが高すぎます。

そうそう、ワインでもコーヒーという表現はありますね。実際同じ成分もあり、本当にぽい感じがするワインもあるわけですが、ワインでいうコーヒーという表現は昔の深煎りコーヒーです。スペシャルティコーヒーや、ゲイシャみたいな味のするワインだというのは聞いたことがありません。

まぁ浅煎りのスペシャルティ自体、フレーバーの表現としてオレンジとかピーチとか使いますが、同じニュアンスがワインにあったとしても、スペシャルティコーヒーとはならず、オレンジやピーチになると思うので、なかなかコーヒーという表現にはなりにくいでしょうけどね。