可愛い鹿のロゴのロクメイ・コーヒー

ロクメイ・コーヒー〜ROKUMEI COFFEE〜

2018年のジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップの優勝者である井田さんのお店、ロクメイ・コーヒー。奈良にあるコーヒーショップですので実店舗に行くのはなかなか難しいですが(昔ならフットワーク軽かったので行ってたと思いますが)、今回コーヒー豆をネット通販で購入してみました。

昨年のコーヒー・コレクションなどで飲んだことがあるロクメイ・コーヒーですが、久しぶりの購入です。

奈良らしい鹿の絵が描かれた可愛いラベル。そもそもロクメイは、鹿鳴と書くようですが、中国の故事に伝わる詩の一つで、「群れの鹿が互いに鳴いて仲間を呼び合い楽しそうに野に生えたよもぎを食べる様子」を表す言葉だそうです。

ロクメイ・コーヒーは1974年創業とのことで昔からあるコーヒー屋ですが、昔良くコーヒー屋巡りしている頃は知りませんでしたね。今ではロースティングチャンピオンにもなってとても人気店ですね。

コーヒーコレクションで試飲した時も美味しかったですが、他のコーヒーのインパクトが強過ぎたので、若干印象が薄いです。

なので改めて味わってみます。

ロクメイコーヒーは割とネット販売に力を入れていますね。広告も出していますし、楽天などでも購入出来ます。

最近は普通に目にする機会が多いですね。

カフェベースアイスコーヒーも良さそうで買おうか迷いましたが、今回はコーヒー豆のセットを。

ネコポスで送料無料のマイセレクトセットにしました。100g三種付きで3186円ならコーヒー豆の質を考えると悪くないですね(ちょっと高いか)

デカフェを含めて12種の中から好きなコーヒー豆を選べるセットです。

高級豆は入りませんが、今はあまりそういうのには関心はないので、これで良いかなと。そのお店の味の感じが掴めれば良いですしね。

購入したのはロクメイブレンド(ハイロースト)、インドネシア・マンデリン・ブルーリントン(シティロースト)、グァテマラ・ブエナビスタ・ビジャサルチ(ハイロースト)の3種類。

他にはエチオピア・シダモ・グジ・ナチュラルやケニア・ワチュリ・フリーウォッシュド、ブラジル・サンタ・イネス・パルプドナチュラルやいくつかのブレンドなどがありました。

どれもいつも通りのざっくりとしたペーパードリップで飲みます。

ロクメイブレンドは、柔らかくて黄色い果物のような味。マンゴーとか。酸もしっかりありますが、すごく柔らかくゆるい。穏やかさ、温かさ。

グァテマラはブレンドと比べると硬さはありますが、やはり硬いコーヒーではないです。滑らかでジューシー。広がりがあり余韻も長めです。

どれを飲んでもロクメイコーヒーは優しい感じがします。安心感のコーヒーです。この優しい味わいは、コーヒーコレクションに出ていたハデなコーヒーと比べると埋もれてしまいますね。

でも単体で飲んでみるととても良いコーヒーだとわかります(強い味に引っ張られてはいけないですね。反省です)

ロースティングチャンピオンシップのチャンピオンというのは伊達ではないかなと。いつかお店に行って焙煎の話とか聞いてみたいですね。