広告でよく目にする珈琲きゃろっとは美味しい?まずい?実際に6ヶ月試してみた

珈琲きゃろっとを6ヶ月試してみました(継続中です)

結論として、数ヶ月、定期便を続けた方が良いかはその人次第だと思いますが、初回お試しセットはコーヒー好きなら絶対買いです。安くて美味しい。本当にお得です。

珈琲きゃろっとの定期便を購入する

珈琲きゃろっと〜ネット通販に力を入れているコーヒー屋〜

北海道の恵庭にある珈琲屋の珈琲きゃろっと。最近まで知りませんでしたが、すごく売れているコーヒー屋のようです。

たまたま見た広告で知ったのですが、コーヒーの情報を調べない僕の目に止まるくらい宣伝に力を入れているコーヒー屋です。一度目にしてからは、こんなところにも?というくらい様々な媒体で広告を見かけます。一見、コーヒー豆の制約は取れなさそうな媒体でも広告を出しているからすごい。

珈琲きゃろっとのコーヒー豆を実際に買ってみた

広告の珈琲紹介ページが、以前別の珈琲屋でもあった情報商材販売用のスタイルで、最初は胡散臭い目で見てしまいましたが、読んでみると店主の人柄が見えてきます。

紹介ページはめちゃくちゃ長いですが、興味がある方は軽く目を通してみても良いかもしれません。

珈琲きゃろっとの珈琲紹介ページはこちら

買ってみようと思ったのは、初回限定のお試しセットの値段が安かったからですが、ちょっと安すぎて逆に不安にもなりました。

ですが買ってみて、真っ当な珈琲屋さんだとわかりましたね。

店主はローストマスターズで優勝もしているし、Qグレーダーも持っているんですね。この2つの情報だけでもある程度不安感は払拭されますね。

ステップメールなども使ってのフォローや珈琲と一緒に同封されている説明なども丁寧です。システムを構築して、スムーズに大量の注文に対応出来るようにしているのですね。初回限定のお試しセットと一緒に定期便を頼むと、珈琲豆もう一銘柄が無料でもらえるという、かなりお得な内容。初回限定お試しセットを購入すると定期便の紹介ページに飛び、そこで珈琲豆がもらえます。

定期便をお願いして、無料の珈琲豆をもらってすぐに定期便をキャンセルすることも出来ます。値段的にはそれが一番お得(本当に安い。買わない手はない気がする)。

珈琲きゃろっとの仕組み

スペシャルティの質の高い珈琲生豆はロットがかなり大きく、大規模な組織ではないと仕入れるのが難しいという話を以前聞いたことがあります。

商社を通せば問題ないですが、珈琲きゃろっとは自社で契約しているようですし(全てかわかりませんが)、かなり質の高い珈琲豆を仕入れているようなので、売らなければいけない量も普通の珈琲屋と比べて桁違いなのでしょう。

広告をたくさん出して値段も抑えて、入りやすい入口を作り、なおかつ定期便の注文を増やすことで、大量のロットをさばいているのでしょうね。

焙煎もプロファイルを設定してあるので半自動のようですし。かなりシステムは完成されているように思います。

初回限定のお試しセットは、質の高い珈琲豆200グラムが3種類(1つは定期便申し込みのおまけ)で2000円くらいですからね。非常にパフォーマンスがいい。

珈琲きゃろっとの定期便「くるべさ」

ただ、この価格は初回限定お試しセットの価格です。定期便の「くるべさ」だと、200グラムが2種類ついて4000円弱。100グラム1000円は、まぁ許容範囲だとは言え、珈琲豆の購入で、一度に4000円は高く感じるかもしれません。

内容をおまかせにすると、高級豆も入りますし、値段は一定なのでお得ではあります。毎回違う珈琲豆が届きワクワクします。

定期便のくるべさは、一度も納品がないうちに解約出来ますが、初回納品がされた後は、3回は最低購入しないといけません。そこは若干のネックでしょうか?

一度にくる珈琲豆がそこそこ多いので、飲みきれない場合もあるとは思いますが、定期便をお休みしたり、納品日を変更したりも出来ます(焙煎が終わっているギリギリのタイミングは無理)。

また毎回(かわかりませんが)、ネルフィルターなどのおまけがついています。加えて、くるべさの年間契約をすると簡易ミルも貰えるというから、一瞬考えてしまいましたが(旅行で使える!)、12回はちょっと大変なのでお断り(たくさん飲む人は年間契約お得だと思います。個人的には色んなお店のを飲みたいので‥)。

毎朝、珈琲を飲むので、毎月珈琲豆が届くのは楽ですね。珈琲豆の量を気にせず飲める。意外と飲まなくて余りそうなら、冷凍しても良いと思いますし、次の月の納品をお休みしても良いと思います。

珈琲きゃろっとのコーヒーの味

珈琲きゃろっとの珈琲豆は、味もちゃんと美味しいです。サイトで謳われているほどの凄みは感じませんが、値段を考えるとすごくいいなぁと思いました。

生産者の顔が見える珈琲を販売したいという想いがあるようで、店主が現地にも頻繁に行っているそうです。送られてくる珈琲豆の説明もしっかりしています。農園のことを知ってから飲む珈琲は、より美味しく感じますね。

店舗で飲んでいないので、本当は店主に点ててもらったら感動的なのかもしれません。いつか行ってみたいですが、スタッフが多そうで、きっと店主は点ててないのでしょう。

珈琲きゃろっとの珈琲抽出

珈琲きゃろっとの珈琲抽出は、濃い珈琲液を作ってお湯割りにするのを推奨しています(割らない抽出法も紹介していますが、やった方が美味しい珈琲になると説明)。

お店ではネルドリップで珈琲を提供しているようです。お店の味に近づけるにはネルドリップが良いとは思いますが、お湯で割る抽出法はペーパードリップでも有効な方法だとサイトで紹介されています。

コーヒーのドリップは前半部分に濃い珈琲成分が抽出され、後半は薄く雑味のある液体が抽出されるので、前半部分で抽出を止めて、お湯を足して完成させます。

具体的には23gの珈琲粉を使い、100ccの濃い珈琲液を作り、お湯で250ccまで割って完成です(二人分)。お湯で割らない方法の場合は珈琲粉は20gで良いようです。

温度は87度程度で、あとは基本的な珈琲抽出と同じです。蒸らしをしっかりと行うことと、フィルターにお湯をかけない。液体が落ちきる前にフィルターを外すことが大事なようです。

濃い珈琲液のお湯割りは、フレーバーコーヒーなどが推奨している松屋式の抽出法などでも使う方法で、それもまた良いと思いますが、個人的にはある理由があって、今はあまりやりません(たまにはやる)。

お店の味は、お店でしか表現できないというのが、自論でもあるので(なので豆売りのお店の本質はわからない)、購入して家で飲んだだけでは大きなことは言えませんが、家で普通に抽出して飲んでも安定、安心のクオリティです。

珈琲きゃろっとの抽出法にこだわる必要はありませんが、クリアな珈琲にはなることは間違いないので、珈琲きゃろっとのスタンスを理解する上でも、お勧めの抽出を試してみても良いかもしれません(何度か試して気に入れば、他の珈琲屋の珈琲豆でも実践してみたら良い)。

珈琲きゃろっとのカフェスト

珈琲きゃろっとは、カフェストという濃厚な珈琲エキスも販売しています。プラス500円で定期便に組み込めるので注文してみました。通常のカフェストとアイスコーヒー用のアイスカフェストがあり、今回注文したのはアイスカフェストです。

カフェスト

カフェストはネルドリップで抽出した濃厚の珈琲液をボトル詰めしています。こういった濃縮珈琲みたいのは今までに何度か飲んだことがありますが、大体が劣化した味がします。ですがカフェストは劣化した風味はなく、非常に美味しい。

今まで送られてきた珈琲豆と比べても一番良いかもしれません。抽出したての珈琲のような香りの広がりはありませんが、非常に丸い質感です。もう少し角があっても良いくらい。柔らかい水ではなく硬めの水で割るのも良いかもしれません(いや北海道の水で割るのが良いかな?)。

そして独特の香味があります。この香味は珈琲液を寝かした時に出るもので、珈琲液の熟成を行う東京、都立大学にあるダンアロマの珈琲に似ています(ダンアロマの方が長く熟成していてより癖があります)。

カフェストは、開封後、冷蔵庫で1週間が期限と書かれています。時間が経ったコーヒー特有の嫌な香味は一週間経ってもそこまで出てきませんが、フレッシュさや味わい深さは、開けたてのものとは格段に違います。出来るだけ早く飲むのがいいでしょう。時間が経ったものは牛乳と合わせたりした方が美味しく飲めます。

アイスコーヒー用のアイスカフェストではありますが、お湯で割ればホットコーヒーになり、水で割ればアイスコーヒーになります。5〜6倍で割ると説明されていますが、そのまま氷だけ入れてロックで飲むのが個人的には気に入りました。

珈琲きゃろっとの実店舗の珈琲もネルドリップで濃いめに点てた珈琲液をお湯で割って仕上げているので、カフェストのお湯割りは、ある意味一番、珈琲きゃろっとの味わいを表現しているのかもしれません(時間経過で味わいは変化しているにせよ)。

カフェストの美味しさから、珈琲きゃろっとの抽出技術の高さや、管理がしっかりしていることがわかりますね。

カフェストはアイスクリームにかけてアフォガードにしても美味しいです。安いアイスで作りましたが、深みが増しますね。

カフェストを使って、嫁でも飲める「琥珀の女王」も作りました(甘味を付けたカフェストにスキムミルクを乗せる)。普通に飲む以外にも色々な使い方が出来るのが魅力でもあります。ティラミスなどお菓子作りに使っても良さそう。

カフェストの紹介ページ

珈琲きゃろっとは結局買いなのか?

初回限定のお試しセットは間違いなく買いだと思います。本当に安いし美味しい。珈琲好きの方は試してみて損はないですね。

オススメの買い方は、

  • 初回限定お試しセットと、定期便のくるべさを同時に注文して、プレゼントにコーヒー豆をもらい、すぐに定期便を解約する(値段が安い)。
  • 定期便を三ヶ月使い、解約。定期便のどこかでカフェストを入れてもらう(単純にカフェスト美味しい)。
  • 定期便の年間契約で、簡易グラインダーを貰う。

この3つのパターンのどれかがいいのではないかと思います。僕は二番目の三ヶ月のつもりでしたが、三ヶ月経ってもそのまま継続してしまってますが‥。

珈琲きゃろっとの初回限定セットを購入する
コーヒーきゃろっと

珈琲きゃろっとの定期便を頼んで半年経ちました(2019年10月追記)

珈琲きゃろっとの定期便のくるべさをお願いして半年経ちました(途中お休みした月もあるので6か月以上経っています。6回納品されました)

ここまで長く続けようとは思ってなかったのですが、思いの外コーヒーが美味しいですね。色々と飲んでみたい気になり続けてしまいました。これなら一年契約にしてコーヒーミル貰ってもよかったかもしれません。

いくつか印象に残るコーヒーがありましたが、先日届いたばかりのコスタリカ・モンテ・コペイ・エル・ハルコン農園マイクロミルは特に味わい深いコーヒーでした。品があって美しい姿形。穏やかでクリーンなコーヒーでした。

今まで届いたコーヒー豆はコスタリカ・ラ・カソナ・サン・フランシスコ農園、ブラジル・モンテアレグレ農園ハチドリ、グァテマラ・グアヤボ農園、エチオピア・イルガチェフェG1ピロファ村、ブラジル・セラード・ブルボン・クラシコ、ブラジル・セーハ・ダス・トレス・バハス、インドネシア・マンデリン・ゲガラン、マンデリン・アチェ・アルールバダ、コロンビア・ヴィラ・ファティマと言ったところでしょうか?

ハチドリの甘みの広がり方もよかったですし、エチオピア・イルガチェフェやマンデリン・ゲガランなどもわかりやすく国の特徴が出ていて好感が持てました。

強いて難点をあげるとしたら、細かなテクニカルデータがない点です。精製方法などの細かな詳細があればもっと良い気はするのですが(ウォッシュトとかナチュラルくらいのざっくりした感じではなく)

コーヒーの説明は初心者向けの印象ですね。

珈琲きゃろっとの店舗情報

住所:北海道恵庭市恵み野西2丁目8-6

電話番号:050-3188-8388

営業時間:

定休日:

珈琲きゃろっとのネット通販

珈琲きゃろっとの珈琲豆を購入する