ルーセント・コーヒー〜LUCENT COFFEE〜

ルーセントコーヒー

ルーセント・コーヒー〜LUCENT COFFEE〜

少しだけ時間があったので蔵前へ行ってきました。シングルオーに行ってみたかったのですが、今は営業してないようなので他に何かないかなと検索。少し調べてみると蔵前にはコーヒー屋がいくつもあるのですね(近所なのに良くわかっていませんでした)

なんとなく良さそうだったルーセントコーヒーへ。コーヒー豆を買いに行ってみました。

せっかくなのでコーヒー豆だけではなく、店内でエスプレッソもいただきます(コーヒー豆やテイクアウトなら店内の入らず外から買えます)常にかはわかりませんが、エスプレッソに使うコーヒー豆はエチオピアのものでした。

一年前くらいに出来たコーヒー屋なのかな?真っ白な店内、綺麗に保つのは大変そうですが、なかなかいい感じの空間です。テーブルとかはなく、カウンターの後ろに長いベンチシートみたいのがある感じです。

エスプレッソは酸がかなり強めの今っぽい味わい。多くのエスプレッソは砂糖を入れないとバランスが取れない気がしますが、ルーセントコーヒーのエスプレッソもそうではありますが、そのままでも悪くはないです。

砂糖は付いてきませんが、言えばくれたのかな?なくても美味しくいただきましたが、完成形ではない感じはします。何も入れずに飲むのを基本とするなら、もっと色々と考えないといけないかもしれないですね(ほぼ全てのコーヒー屋が)

ルーセントコーヒー

クレマのほぼないエスプレッソでした。

夫婦でやっているのだと思いますが、お店にいたのは女性の方だけでした。独特の空気感のあるお店です。

エスプレッソ飲むだけの一瞬しかいませんでしたし、お店の方とも会話をしていませんが(あまりフレンドリーな感じではありませんでしたが)、なんかいい感じでした。今度またもっとゆっくり家族で行ってみる予定。

ルーセントコーヒー

そしてそれよりも買ってきたコーヒーが良かった。パッケージのデザインもとても好きな感じですが、味わいも名前の通り明るいビビットなテイスト。購入したのはコスタリカ・フィンカ・ラ・アルキミアです(ウォッシュド)

パッケージにはリージョンやテイスティングノート、焙煎日が書かれています。

そしてコーヒー豆と一緒にレシピが入っているのはよくあることですが、おすすめの道具まで書いてあってとてもいい感じ(持ってないので再現出来ませんが)

ルーセントコーヒーの推奨する道具は、オリガミドリッパー、アバカペーパーフィルター、キントーコーヒーサーバー、ハリオコーヒースケール、グラインダーはウィルファ・スヴァート、ニマルト、ケトルはボナヴィータ、タニタ温度計、南アルプスの天然水です。

抽出レシピは、お湯は93度で220g、ペーパーフィルターはリンス、コーヒー豆14gを中挽き、挽いた豆は平らにする、タイマーをスタートし40gのお湯をストローくらいの細さで外側に円を描くように注ぐ、30秒後60gのお湯を注ぐ、1分後60gのお湯を注ぐ、1分30秒後60gのお湯を注ぐ、全てのお湯落としきり、です。

綺麗な酸、ジューシーでクリア。こういったタイプのコーヒーの中ではかなり好きな部類です。レシピ通り出来たらもっと美味しいのかもしれません。なので次回訪れた際にはドリップを飲んでみたいと思います。

ですが適当に点てても本当に美味しく、酸味を生かした焙煎のコーヒー豆としては非常に完成度が高いと思います。