スーダンルメ〜カフェ・ラヴニール〜

高級品種のスーダンルメ〜Sudan Rume〜

飲んだ事ない品種のスーダンルメ。全ての品種を飲むのは難しいですし、そこまで色々と飲んでみようとは思ってないのですが、メジャー品種や人気の品種、話題の品種などで飲んだ事ないものは試してみようと購入してみました。

ブラジル・サンチュアリオ・スル農園のスーダンルメ

スーダンルメはユーゲニオイデスと同じくコロンビアのインマクラーダ・プロジェクトの農園で栽培されている品種で、スーダンのルメバレーで発見されたブルボン系の原生品種だそうです。

購入したのはカフェ・ラヴニールという神戸にあるコーヒーショップからです。ブラジル・サンチュアリオ・スル農園のスーダンルメ。カルモ・デ・ミナスに農園はあります。

ちゃんと分かっていませんが、インマクラーダ・プロジェクトを立ち上げたカミーロさんの次のプロジェクトのサンチュアリオ・プロジェクトに参加しているため、こういった珍しい品種を持っているんですね。

サンチュアリオ・プロジェクトはコロンビア、ブラジル、コスタリカ、メキシコの農園にまたがった大きなプロジェクトのようですね。

サンチュアリオ・プロジェクトの様々な生産処理

スーダンルメなど珍しい品種を扱う以外にも様々な生産処理を行ったコーヒーがあり、それも非常に興味深いです。スイートシャワーという収穫後のチェリーに冷水を半日くらいかけ続ける方法や(発酵を抑えるため。発酵すると糖分が失われるんだとか。ファンキー・ナチュラルなどとは逆のアプローチ)過熟で硬くなったコーヒーチェリーのボイアを水に浸けて柔らかくしてしてから処理するダブル・パスなども行っているようです(ダブル・パスも飲んだことないからどこかの農園のを買おう)

他にも様々な生産処理を試しているようです(やりすぎ注意な気もしますが、単純に新しい香味に出会えるのは楽しい)

カフェ・ラヴニール焙煎のスーダンルメの味わい

飲んでみたスーダンルメは、ちょっと鮮度が良くなかったです。日にち指定できたから良い状態のを送ってくれるのかと思っていましたが違うようでした。これはちょっと残念。

サイトを見る限りはちゃんとしてそうなのでたまたまなのか、むしろ日にち指定しない方が良い状態のものが来たのか不明です。

カフェ・ラヴニールのコーヒーづくりという文章には「1杯の素晴らしいコーヒーをつくるには、良質な生豆選び、適切な焙煎、その素晴らしさを最大限に引き出す抽出が必要です。生豆のブランドだけにこだわらず、焙煎だけに偏らず、抽出だけに依ることなく、生産者、焙煎士、抽出士それぞれの想いがしっかりと詰まったスペシャルティコーヒーを提供してまいりたいと思います」と書かれていてとても好感が持てたんですけどね。

コーヒー粉が膨らまないのはまぁ良いとして、少し劣化した香味があります。

そのいらない味はなんとか脳内で補正してスーダンルメを飲んでいきます。いつものようにざっくりしたペーパードリップです。

形は整っていると思います。球体、なめらかでオイリー・少しの苦味。丸い形のまま広がる酸味。柑橘やビスケットの香り。香りは割とシンプル。重たくなくしつこさもない。実体感のなさ。

コーヒー豆自体のポテンシャルは感じます。美味しいですが、そこまでの特別感は感じないかな?やはりもう少し飲まないとなんとも言えませんが、あえて探すことはせずに、また出会えるのを待ってみます確か丸山珈琲にはありましたね。ルメスーダン)

カフェ・ラヴニールの店舗情報

住所:神戸市中央区中山手通3丁目14番地1号 北野工房のまち105号室

電話番号:

営業時間:10:00~18:00

定休日:北野工房のまちに準ずる