オーストラリア発バイロンベイコーヒー

バイロンベイコーヒー〜BYRON BAY COFFEE〜

1985年創業のオーストラリア、バイロンベイ発のコーヒー屋、バイロンベイコーヒー。

日本には3店舗あり、東京には2店舗、浜松町と日本橋にお店があります(もう1店舗は茨城で、他に千葉にレストランもあるみたいですね)

訪れたことがあるのは浜松町のお店のみです(DAIMON SHOP)

オーストラリアのコーヒー屋はいくつかあると思いますが、内装は違えど、独特の日本とは違ったカッコ良さがありますね(働いているのは日本人なのにも関わらず)

HPを見るとサーフィンをしている映像が流れますが、お店自体も海を感じさせます。

何度か行ったことがあるのですが、軽い軽食などもあるようですが、コーヒーしか飲んだことはありません。エスプレッソ、ラテ、フラットホワイトくらいかな?飲んだことあるのは。

久しぶりに訪れてエスプレッソを飲んでみましたが、すごく今っぽくない味です。

苦味が強く刺激的、濁った感じ、チョコレート。とても凝縮したコーヒーエキス。深みというわけではなくただ濃い。泥のようと言ったら失礼だけど、そんな感じ。深い焙煎ですが、酸も感じられます。

ちょっとネガティブっぽい表現で申し訳ないのですが、嫌なわけじゃないんです。むしろクセになる。砂糖を入れたエスプレッソはガツンとしつつ刺激が和らぎ、美味しいです。

内装も味も予定調和的ではなくてとても良い。好きです。

美味しいエスプレッソのお店どこ?と聞かれてバイロンベイコーヒーの名前を出すかと言うと出さない気はしますが、自分ではたまに飲みたいなと思う。そんな感じのお店です。

バイロンベイのコーヒー豆はオーガニックのものを使用しているそうです。

もう少し浅めの焙煎の方がオーガニックらしさが生きるような気はしないでもないですが、オーガニックのコーヒー豆がこの独特のクセになる味わいを作っているのかもしれないですね(コーヒーにおけるオーガニックの味はもう少し探求が必要)

コーヒー豆はオーストラリアから輸入していますが、いつも豆を買おうと思っても焙煎日が古いので諦めています。一度買ってみたい(100gならまだしも200gか250gくらいの大きなサイズしかないのでなかなかね)